demerit

 

UQモバイルには、通信速度が速い・ニーズにあったプランが用意されているなどのメリットもありますが、他社と比べるとこれって他のキャリアのほうがいいんじゃない? っていうようなデメリットもあります。

 

契約をする前に、これだけは知っておきたいというUQモバイルのデメリットを5つ紹介します。

 

ウサちゃん
メリットばかりに目が向かいがちだけど、デメリットも当然あるよね。

 

どんなサービスにもメリット、デメリットはあります。要はメリットがデメリットを上回るくらいメリットが魅力的であればいいわけです。

 

そして、デメリットを知ることはサービスを受ける上でとてもいい判断材料になります。

 

クマくん
メリットとデメリットをしっかりとわかった上でサービスを選ぶっていうことはとても大事だね。格安simに限らずどんなことにでも通用することだね。

ウサちゃん
で、UQモバイルのデメリットってどんなものがあるのか教えてよ。

 

さっそく、UQモバイルのデメリットについて見ていきましょう。

キャリアの契約と同じように2年縛りがある

UQモバイルの契約プランの中で、「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」には、2年縛りがついています。この2年縛りは、キャリアを使っている人にとっては誰もが思っているホントやっかいな制度です。

 

ウサちゃん
ん? 2年縛りってどういうこと?

クマくん
2年縛りっていうのは、契約の期間が2年間(24ヶ月)続くことをいうんだ。さらに契約は自動更新で、「解約月」っていう決められた月じゃないときに解約すると違約金が発生するんだ。

 

そうなんですよ。一番お得なプランの「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を選ぶときに気をつけてほしいことが、この2年縛りがついてくることです。

 

ウサちゃん
あとあと、解約月と解約金ってどういうことなの?

クマくん
契約した月の翌月、例えば4月に契約したら、解約月は5月になるんだ。あと、違約金は「契約解除料」って言って、9,500円かかるんだ。

 

なかなかやっかいですが、今のところこの縛りが当てはまっているのは「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」のみなので、他のプランには当てはまっていません。

2年縛りと契約解除料

 

2年縛りのまとめ
・「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」に適用される
・契約期間は2年間
・解約月は、契約月の翌月(4月契約なら5月)
・契約解除料は9,500円

契約プランは少なめに設定されている

UQモバイルの契約プランは、他社に比べて少なく設定されています。

いま、UQモバイルがイチオシの「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」または「データ高速ブラン(+音声通話プラン)」、「データ無制限プラン(+音声通話プラン)」の3種類になります。

 

ウサちゃん
データプランが少ないことでどんなデメリットが?

 

プランが少ないっていうことは、ユーザーの選べるプランの幅がとても狭くなります。

 

つまり、思っているようなプランを探そうとしても、選択肢が少ないほど目的のプランがない確率は高くなり、プランの中身を重視している人にとってはそこで契約する気がなくなり、UQモバイル側にとってもお客さんを獲得する機会を逃しちゃいます。

 

ウサちゃん
私たちお客さんにとっても、メーカーにとっても損だね。

クマくん
考え方によるけど、UQモバイルのメリットを重視している人にとっては、プランの数が少ないと、絞りやすくなって悩まなくて済むよ。

 

はじめから、データ通信が高速で安定しているというUQモバイルのメリットを重視している人にとっては、プラン数の少なさは逆に選択肢を絞ってサービスを提供しているという考え方になり、悩まなくて済むというメリットにもなり得ます。

 

 

14ヶ月目以降で料金アップ、26ヶ月以降データ容量が半分に

この内容もしっかりと覚えておいた方がいいことです。

適用されるプランは、これも「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」に当てはまります。13ヶ月間使い続けて14ヶ月目になったときに、いきなり料金が高くなってる! なんてことになって、慌ててしまわないようにしっかりと覚えておく必要があります。

 

ウサちゃん
これってどうなの?

クマくん
もともと、おしゃべりプラン・ぴったりプランはキャンペーン価格で提供しているから、14ヶ月目からは通常の料金に戻るんだよ。

 

値段が上がる前の価格設定が、すでに割り引いている価格で提供しているのが理由なんですが、14ヶ月目からは料金が上がる(元に戻る)ことを知っていることは、契約するかどうかの判断材料になります。

料金値上がり時期
・基本料金  14ヶ月目以降  +1,000円
・家族割   14ヶ月目以降  +1,000円
・通話料金  26ヶ月目以降  半分の時間
・データ容量 26ヶ月目以降  半分

docomo、softbankからの乗り換えがひと手間かかる

docomoとsoftbankユーザーが今使っているスマホでUQモバイルに乗り換えようとすると、ひと手間かかっちゃいます。

 

ウサちゃん
なんで?乗り換えるんだからキャリアと同じように端末持っていけばいいんじゃないの?

クマくん
UQモバイルが使っている回線はauの回線なんだよ。docomoとsoftbankの回線を使ってないから、キャリアで契約したスマホはsimロックがかかっているんだよ。そのロックを解除しないとUQモバイルに乗り換えることができないんだ。

 

このsimロック解除がネックで、これを解除するには解除手数料として3,000円取られます。しかも、ショップに直接行かないと解除できないです。

もちろん、auのユーザーはsimロック解除は必要ありません。

クマくん
キャリア間のユーザーの取り合いの弊害がこんなところにも現れているんだよ。

 

もう少し、ユーザーの目線に立って欲しいですね。

キャリア移動のデメリット
・UQモバイルはau回線を利用しているため他キャリアからの移動がひと手間かかる
・docomo、softbankユーザーは、simロック解除という作業が必要になる
・simロック解除は、ショップに直接スマホを持ち込まないといけない
・解除手数料として、3,000円が必要になる

まとめ

UQモバイルに乗り換える前にこれだけは知っておきたいデメリットを4つ紹介しました。

 

デメリットを知っておけば、実際に乗り換えるときの判断材料になります。デメリットを知って、UQモバイルのメリットもしる。両方を比較してメリットがデメリットを上回れば、納得して乗り換えることができますね。

 

こうやってデメリットを紹介しましたが、ぼくはメリットの方がデメリットをはるかに上回っていると感じています。

 

UQモバイルの最大のメリットの通信速度の速さと安定性の高さはsimフリーのスマホは通信速度が遅いっていう通説を覆します。キャリアと変わらない速さでキャリアより安く使えるっていうのはすごいメリットだと思います。

デメリットまとめ
・2年縛りがある
・契約プランが少ない
・14ヶ月目以降で料金が上がる、26ヶ月目以降でデータ量が半分になる
・docomo、softbankからの乗り換えにひと手間かかる(simロック解除)
おすすめの記事